nlpとは何か研究しましょう|身につくスキルで大活躍

企業向けが数多く開催

講義

防御ではなく戦略武器

今や企業活動において知的財産に関する知識は必須です。ノーベル賞などを受賞するような大発明から一般的な企業で開発した機能などビジネスにおける特許は日常的に発生します。日本の企業は開発を中心に研究を行う会社が多くその成果は特許を取得する事によって確立されます。しかし日本の企業の多くは特許を防御策として考えていることが多く、特許の有効期間のことが先行してしまいます。今や世界的な企業が特許は将来的なビジョンとしてとらえており知財を有効活用することを念頭にビジネスを行っています。近い将来日本も同じような境遇になることが想定され、知財の知識が必要になっているのです。企業内における弁護士の活躍が知財中心に需要が高まっている傾向もあります。

経営戦略にも活用できる

知財の知識は簡単につけることができます。企業向けのセミナーを開催しているからです。セミナーの内容は、知財の基本概念から自社における知財の活用方法をプレゼンテーションするまで実践的な流れをとっています。そのため知財の知識をつけるだけでなくセミナーで学んだことをすぐに実践できるメリットがあります。戦略的技術分野において他社に差をつけたり、世界に進出するためには、経営戦略の概念から変える必要があります。そのためセミナーでは一般社員以外にも経営層向けにも行っているところが多くなっています。知財を有効活用したビジネス戦略を立てることが10年後、20年後の日本で唯一成功させ生き残る手段となっているのです。