nlpとは何か研究しましょう|身につくスキルで大活躍

知的財産権の守り方

講演

知的所有権トラブルの防止

知的財産権とはどういった権利なのかをご存知でしょうか。知財のひとつに、特許権があります。特許権とは、自社が保有しているモノづくりの技術を法的に保護する権利です。特許権を取得した場合には自社以外の会社はその権利を使えなくなるのです。言い換えれば、自社独自の技術を独占的に使用できるということになります。特許権を取得するためには申請しなければなりません。自社で申請をせずに特許権を主張することはできません。特許権をはじめとする知財を守るためには、法律にのっとった手続きを踏む必要があります。そのことを意識していない人がいますので注意が必要です。知財にまつわるトラブルを防止するのは、基礎的な知識の習得が重要です。

知識の身につけ方

それでは、知財に関する知識を身に付けるにはどうすればいいのでしょうか。今回おすすめするのは、セミナーに参加することです。特に、知財を扱う初心者に向けたセミナーが役立ちます。知財とはなにかという最も基本的なテーマから解説してくれるからです。ありがちなトラブルの解決方法も提示してくれます。そして、だんだんとレベルを上げて最終的に上級者向けのセミナーに参加するとよいでしょう。すこしずつ知識を身に付けることが求められますので、初心者向けに書かれている知財関連の書籍を読むのも有益です。簡単に解説してくれている書籍を読んでからセミナーに参加するという流れであれば、しっかりと内容を理解することができるでしょう。